免疫力について

免疫力を高める 免疫力

免疫力について

コロナウイルスなどの病原体が体内に侵入してくると、最初に「自然免疫」が働きはじめます。これは大多数の人間に備わった体の機能であり、外敵が侵入しないように異物を見つけだしたら直ちに駆け付けて攻撃しウイルスをやっつけるのです。

もしが逆に病原体が自然免疫の攻撃をを突破してしまうと、次に「獲得免疫」が働くのです。

この獲得免疫はリンパ球が強く働く免疫の一種で、過去に侵入してきた病原体を記憶しているので、再びその病原体に遭遇すると、病原体を排除するための物質を自ら作り、病原体を追い撃退しようとするのです。より強力な武器相手に応じてで戦うイメージなのです。

遭遇した敵を認識して戦い方を身につけていくので、攻撃態勢をととのえるまでには時間を要します。私たちの免疫の強さは、獲得免疫と自然免疫との両方を合わせたものであり、病原体の強さとは、体内に侵入してきた病原体の量と、感染力の強さをかけ合わせたものという事になります。

したがって病原体のパワーが、私たちの免疫力を上回ると感染症が起こり発病してしまいます。

免疫力を高める

[1]運動をする

ランニング

免疫系の細胞を刺激してくれる物質は、骨や筋肉からつくられることが分かってきました。運動によって筋肉や骨が適当な刺激を受け、免疫機能が落ちかけていた状態を正常な望ましい状態に戻してくれるという働きが期待できます。ウォーキングなどの有酸素運動が特におすすめです。

あまり過度な運動をしてしまうとかえってストレスとなってしまい、免疫細胞に悪い影響を与えるケースも考えられますので注意しましょう。

[2]体温を高める

体温を高める

運動や入浴や食事などで体温が上がる状態をつくる事も重要です。また冷たい飲料水や体を冷やしやすい食事も控えるべきです。体温が上がると、免疫細胞が動きやすくなるので、風邪をひいてしまった時に発熱するのは、免疫細胞が活発になるという事に繋がります。体温が上昇すると血液やリンパ液の流れがスムーズになり、

全身をまんべんなくパトロールする免疫細胞が、侵入してきたウイルスを撃破しやすくなります。

[3]バランスのよい食事を採り腸内環境を整える

バランスの良い食事

一種類の食品だけで免疫機能を高めることはできないので、バランスのよい食事をしなければなりません。糖分、アミノ酸、脂肪分、ビタミンなど体にに必要な栄養素をバランスよく採らなくてはなりません。

規則正し規則正しい生活をして、食べ過ぎや飲みすぎなども注意が必要です。一度にたくさん食べたり、食後すぐに寝てしまう事も避けるべきです。

食べた食品が効率よく消化吸収され、代謝を高める腸内環境を整える事も重要です。味噌や納豆などの発酵食品を適度にとるのもおすすめです。

 

ガンと診断されたら
そもそも ガンの発生は、人間の体内に存在する「オンコジーン」とよばれるガン遺伝子の目覚めによるものなので、このオンコジーンが目覚めない限りは、ガンとは無縁の生活を送ることが出来るのです。しかし、オンコジーンが何らかの刺激を外部から受け、...
タイトルとURLをコピーしました